Enjinプレス資料

メディア掲載の際に必要な、すべての情報をまとめました。

Webサイト

enjin.io

設立

2009

本社所在地

シンガポール

創業者

Maxim Blagov, CEO
Witek Radomski, CTO

一文

誰でも簡単に、ブロックチェーンを活用できるエコシステム

短文

2009年にEnjin Networkの提供を開始し、2000万人以上のユーザーが参加するゲームコミュニティを構築。2017年にICOで1890万ドルを資金調達した後、誰でも簡単に、ブロックチェーンを用いた開発・マーケティング・取引ができる、プラットフォームの開発を進めています。

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Enjin Explorer・Enjin Wallet・Enjin Beamといったプロダクトを使うことで、トークン化されたデジタルアセットを、新規ユーザー獲得やエンゲージメント率向上などに活用できます。またこれらのプロダクトには、Ethereumベースのトークンである、Enjin Coin(ENJ)が使用されています。

長文

Enjinは創業以来、ゲーム業界に深く携わってまいりました。2009年にゲーマー向けのコミュニティ運営プラットフォームであるEnjin Networkを立ち上げ、2,000万人以上のユーザーを獲得しました。

2017年にICOを実施して1,890万ドルの資金調達をした後、ブロックチェーン上で簡単にデジタルアセットの管理・検索・配布・統合が行える、エコシステムを開発しています。

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Explorer・Wallet・Beamといった製品を用いて、トークン化されたデジタルアセットを活用することで、新規ユーザーの獲得や継続率の向上、マネタイズなどに役立てることができます。

またゲーム企業だけでなく、あらゆる規模や業種の会社が、ユーザー体験の向上や収益化のために、上記プロダクトを活用できます。

そしてこのエコシステムでは、EthereumベースのトークンであるEnjin Coin(ENJ)が、アセットの裏づけに利用されています。詳細に関しては、弊社ホームページ(https://enjin.io)をご確認ください。

データをダウンロード

ロゴやプロダクト画像、およびマニュアルをダウンロードできます。

製品情報

Enjinのプロダクト群

Enjin Platform

Enjin Platformは、従来の仕組みでは不可能であった方法で、ゲームの資金調達・プロモーション・収益化および設計ができる、ブロックチェーンPaaS(Platform-as-a-Service)です。

ゲーム開発者は、複雑なインフラストラクチャの構築や保守、およびブロックチェーン関連のコーディングを行わずに、ブロックチェーンゲームの開発ができます。

Enjin Platform: 基本データ

ローンチ:2019年3月

SDKs & Plugins: Unity, Godot, Java, Minecraft

API:GraphQLを使用

Projects Created: -

Website: enjin.io/platform

Enjin Wallet

Enjin Walletは、トレーダーやゲーマー、および開発者向けに開発された、安全で利便性の高いウォレットです。

Bitcoin(BTC)・Ethereum(ETH)・Litecoin(LTC)・Binance Coin(BNB)・ERC-20トークンに加えて、ERC-721およびERC-1155ベースのデジタルアセットを、サポートします。

Enjin Wallet:基本データ

ローンチ:2018年1月

ダウンロード:100万以上

デバイス:AndroidおよびiOS

対応コイン&トークン:btc、eth、bnb、ltc、enj、erc-20、erc-721、erc-1155

Website: enjin.io/wallet

Enjin Marketplace

Enjin Marketplaceは、ERC-1155アセットの検索、購入および販売ができる、デジタルアセットの取引所です。

ユーザーはEnjinX上で、トランザクションやアドレス、ブロックおよびコインに関する情報を、広告なしでシームレスに探せます。

Enjin Marketplace:基本データ

ローンチ:2018年12月

対応コイン&トークン:ETH・ERC-20・ERC-1155

Website: enjin.io/marketplace

Explorer:enjinx.io

Enjin Beam

Enjin BeamはQRを活用した、ブロックチェーンアセットの配布サービスです。

ユーザーはQRコードをスキャンして、Enjin WalletとBeamと連携させ、アセットを受け取ります。

Enjin Beam:基本データ

ローンチ:2018年11月

Assets Distributed: -

Website: enjin.io/beam

Enjin Network

Enjin Networkは、クランやギルドといった、コアなゲーマーのためのコミュニティプラットフォームです。Webサイトビルダー・フォーラム・グループチャット・ボイスサーバー・採用アプリ・仮想アイテムストアといった機能の、導入が可能です。

2009年にローンチされて以来、25万のゲームコミュニティと2,000万以上のユーザー数を抱える、世界最大のソーシャルゲームWebサイトプラットフォームの1つに成長しました。

Enjin Network:基本データ

ローンチ:2009年

ユーザー数:2,000万以上

ゲームコミュニティ:25万以上

Webサイト:enjin.com

インフラ

デジタルアセットを用いた、先進的な取組み

Enjin Coin

Enjin Coin(ENJ)は、デジタルアセットの価値裏づけに使用される、Ethereumベースの仮想通貨(暗号資産)です。

この仕組みは、デジタルアセットの金本位制であると言えます。

Enjin Coin:基本データ

ローンチ:2017年11月

総供給量:10億

Holders: -

Locked in Assets: -

Website: enjin.io/about/enjin-coin

トークンの詳細:EnjinXで確認

ERC-1155

Enjin CTOであるWitek Radomskiによって提案されたERC-1155は、1つのスマートコントラクトで、無数のFT(ファンジブルトークン)とNFTを発行できる、Ethereumのトークン規格です。

本規格は、「マルチトークン規格」とも呼ばれます。

ERC-1155:基本データ

最終版:2019年6月

Github: eips.ethereum.org/EIPS/eip-1155

Assets Created: -

Asset Holders: -

Website: enjin.io/about/erc-1155

Enjin Multiverse

Enjin Multiverseは、世界初のブロックチェーンゲーム・マルチバースです。

2018年8月に6つのゲームが、ERC-1155のデジタルアセット導入を発表しました。そして現在、35以上のゲームが参加しています。

Enjin Multiverse:基本データ

発表:2018年8月

メンバー:35以上

Assets: -

Join the Multiverse: enjin.io/multiverse

Enjinエコシステムの沿革

これまでEnjinは、プロダクト開発や業務提携などを通して、エコシステムを拡大させてまいりました。その沿革をご確認ください。

メディア

Enjinへの取材にご興味ございますか?ご連絡ください。

Powered by Enjin

お客様のWebサイトや動画、画像などで、「Powered by Enjin」の画像をご活用いただけます。
ダウンロード

ここをクリックして、「Powered by Enjin」の画像をダウンロードしてください。

Dark

暗い背景に用いる場合、こちらの白バージョンをご活用ください。

Light

明るい背景に用いる場合、こちらのカラーバージョンをご活用ください。