グリーンNFTを発行する
カスタムブロックチェーントークンを、あなたにも地球にもコストをかけずに発行できます。
グリーンNFTを発行する
カスタムブロックチェーントークンを、あなたにも地球にもコストをかけずに発行できます。
Thank you! Please check your email.
Error

Crypto Climate Accord に参加

私たちは、カーボンネガティブなブロックチェーン「JumpNet」をCrypto Climate Accordに提供できることを誇りに思います。

今年の初め、私たちは2030年までにカーボンニュートラルなNFT(ノンファンジブルトークン)を実現する計画を発表し、今、それが本格的に始動しました。

私たちは、誰もが自由で透明な市場を手に入れられるよう、ブロックチェーン技術を普及させることに専念していますが、この技術によるの環境への影響を問題提起しなければなりません。

現在、暗号通貨の時価総額は約1.5兆ドルで、年間の電力使用量は約150TWh(テラワットアワー)に達しています。これは、ポーランド、ノルウェー、エジプト、スウェーデンよりも多い量です。ちなみに、ディズニーランドの年間電力使用量は1TWhです。

しかし、私たちは、ブロックチェーン技術が、地球の持続可能な未来に悪影響を及ぼすようなことがあってはならないと考えています。

このような考え方から、私たちはCrypto Climate Accordに参加し、Enjinが開発するJumpNetブロックチェーンをカーボンネガティブ(二酸化炭素排出量より相殺量の方が多い仕組み)にできたことを誇りに思います。

「クリプト分野で、脱炭素化に向けたソリューション構築を目指す企業の、急成⻑するコミュニティにEnjinが加わったことを嬉しく思います。Enjinのような企業が、標準的にエネルギーを使用したプロジェクトを促進しつつ、グリーンNFTの価値を証明し、より良い方法で道を切り拓いていくことが求められています。」

ーDoug Miller / Energy Web グローバルマーケットリード

CCA: 環境に配慮した暗号資産へ

Crypto Climate Accord(CCA)は、気候問題を優先し、2040年までに温室効果ガス排出量をゼロにするために、暗号通貨業界のバックボーンとしての役割を果たすことで、業界の脱炭素化を目指しています。

そのために、彼らは2つの明確な中間目標を設定しています。

  • 最初に2030年までに、CCA参加企業の電力消費による排出量を正味ゼロにする。
  • 第二に、2025年のUNFCCC(国連気候変動枠組条約)COP30会議までに、100%自然エネルギーで動くブロックチェーンの導入を加速し、その進捗を検証するための基準、ツール、技術をCCAサポーターとともに開発する。

CCAは、暗号資産の発行企業が、グリッドオペレーターや再生可能エネルギー会社とともに、暗号資産のマイニングに使用する電力の出所を証明する為の、オープンソースソフトウェアの開発支援に積極的に取り組んでいます。

その結果、規制当局との関係が強化され、脱炭素化の取り組みへの支持を示すと同時に、政策立案者や規制当局の間で、暗号資産やブロックチェーンの全体的なエネルギー使用に関する懸念が解消されることになります。

この活動は、すべてのブロックチェーン、サービスプロバイダー、およびNFTのようなその他の活動について、現在の業界の排出量と業界全体の脱炭素化とのギャップを迅速に埋めることに焦点を当てています。

私たちは、Crypto Climate Accordと協力し、他の50社以上の企業とともに、私たちの成長産業を100%再生可能なものにするための行動を起こすことができ、大変嬉しく思います。

無料のNFT取引が登場

JumpNetを使用して、手数料無料でNFTを発行・配布することができます。

続きを読む

JumpNetのカーボンネガティブ化

「迅速に行動する(Move quickly)」は、CCAの基本方針の一つですが、それには理由があります。動きが速く、先進的なブロックチェーンの分野で、私たちは現実世界の課題に対するリアルタイムのソリューションを開発する、ユニークな立場にあります。

イーサリアムよりも電力消費量が99.99%少ないJumpNetの立ち上げは、2030年までにカーボンニュートラルなNFTを実現するという計画に向けた、最初の重要なステップでした。

そして、予定よりも9年早く、JumpNetはカーボンネガティブになったのです。

Beyond Neutral社を通して、今後5年間、JumpNetが排出する以上の二酸化炭素を相殺するためのカーボン・クレジットを購入しています。このモデルは、今後のブロックチェーンの運用で継続していく予定です。

世界各地の保全・持続可能性プロジェクトを対象とした当社のオフセット証明書は、Verra Registryでご覧いただけます。

私たちは、次のような簡単な計算式で影響と必要なオフセット・クレジットを推定しました。5ノード(ネットワーク バリデーター)×700W×24時間×365日=30,000kWH。

JumpNetに存在する約180万のブロックチェーンアセットはカーボンネガティブとなり、MicrosoftProduct Hunt などのブランドは、環境への影響や手数料を気にすることなく、数千個のNFTをコミュニティに無料で配布し続けることができます。

JumpNetは、私たちのエコシステムと業界が直面している緊急課題に直接対応するものであり、クリエイター、開発者、ブランドがNFTを発行して配布するための、完全に環境に配慮したコスト効率の高いソリューションです。

しかし、これはほんの始まりに過ぎません。

今後は、Parity Technologies社と連携し、持続可能なPolkadotのパラチェーンとしてEfinityの開発を進めます。

またEnjinは、国連地域間犯罪司法研究所(UNICRI)が主催するパネルに登壇する機会を得たことを光栄に思います。


Crypto Climate AccordのメンバーであるGryphon Digital Miningとともに、不平等、差別、失業に対処するために、持続可能なブロックチ ェーンソリューションを生み出すことの重要性について議論します。

2021年7月9日12:00AM(日本時間)より開催されるこの重要な議論への、皆様のご参加をお待ちしています。Webinarの登録と詳細に関してはこちらをご覧ください。

グリーンNFTを発行する

カスタムブロックチェーントークンを、あなたにも地球にもコストをかけずに発行できます。

始める

グリーンNFTを発行する

カスタムブロックチェーントークンを、あなたにも地球にもコストをかけずに発行できます。

Thank you! Please check your email.
Error

You might also enjoy