Efinity ホワイトペーパー
NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら
Efinity ホワイトペーパー
NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら
Thank you! Please check your email.
Error

Efinity:Polkadotを用いたNFTブロックチェーン

Polkadotを用いて開発される「Efinity」は、NFT(ノンファンジブルトークン)のための次世代型ブロックチェーンであり、人々が自由でグローバルなデジタル経済を実現するのに役立ちます。

2020年12月のNFTの総取引量は約1,200万ドル。3ヶ月前まで早送りすると、その数字は5億ドルを大きく超えています。

現時点では、2021年のNFTの取引規模は、数十億ドルになると考えてよいでしょう。

私たちは今、人類の歴史の中で、有名なアーティストやミュージシャン、世界的なブランドや企業など、あらゆる人たちの翼に乗って、NFTがメインストリームのオーディエンスに届けられはじめたところにいます。

これはすごいことです。

今、私たちは、バーチャルとリアルの境界を越えて、創造性を見出し、イノベーションを加速させる、自由でオープンなグローバルデジタル経済に向けた最初の大きな一歩を体験しています。

Enjinは、このような時代が来ると信じていました。2017年に最初のNFTを世に送り出してから、先進的なERC-1155トークン規格を開発するまで、私たちの目標は常に、グローバルな仮想経済の出現を加速させることでした。

この新しい分散型経済は、自動化による雇用の喪失や世界的な経済格差の拡大など、21世紀の経済的、文化的、社会的な課題を人類が克服するのに役立ち、さらには太陽系内の探査や開拓といった取り組みまでを支援することになるでしょう。

しかし、私たちがSpaceX社のNFTを購入したり、宇宙の石の塊の所有権をトークン化したりする前に、解決すべき課題が数多くあります。

例えば、高額な手数料や不便なデザインのアプリによってユーザーエクスペリエンスが低下するなどの問題により、NFTの導入が一部のクリプト愛好家だけに限られてしまうといった状況が挙げられます。

他にも、長年にわたる問題があります。NFTプロジェクトは、互換性のないエコシステムに分断され、プロジェクト間のコラボレーションを不可能にし、クリエイターや開発者を単一のブロックチェーンとプラットフォームに限定しています。

NFTユーザーのために作られたブロックチェーンが存在せず、従来のネットワークは期待を裏切っているのです。

NFTをサポートするPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ブロックチェーンのメリットを得られるのは、実際にトークンを作成し、取引し、コミュニティを構築する人々ではなく、一部の人に限定されています。

現在のNFTは、60年代後半の宇宙船のようなもので、月に行くには十分だが、それより遠い星に行くには力不足と言ったところでしょう。

NFTの歴史に次の章を刻むためには、NFTが現在直面している問題を解決するだけでなく、これからのNFTに新たな可能性をもたらすブロックチェーンが必要です。

時間をかけてNFTが成熟し、ブロックチェーン技術が進歩するにつれ、そのようなチェーンに対する私たちのビジョンも進化してきました。

そのビジョンとは、Polkadotネットワーク上のパラチェーンとして構築された「Efinity」、拡張された未来型のクロスチェーンNFTハイウェイです。


従来のネットワークでNFTを発行するのは、経済的にも環境的にもコストがかかります。Polkadotは、これらの構造的な欠点を解決するために設計されており、EfinityがNFTの代表的なインフラを立ち上げるためのプラットフォームを提供しています。クリエイターにとってはよりコストを下げ、地球環境にとってはよりクリーンになるように。

- Peter Mauric / Parity Technologies, Head of Public Affairs

NFTのための次世代型ブロックチェーン

Efinityは、Polkadot用に開発され、Parity TechnologiesSubstrateの開発をサポートした、NFTのための専用ブロックチェーンです。

そして、NFTが現在のスマートフォンのように広く普及し、簡単に使用できるような未来を実現するために設計された、クロスチェーントークンハイウェイです。

Ethereumなど、どのチェーンのNFTでもEfinityに移すことができ、次世代の機能を搭載できます。

デジタルアセットは、ブロックチェーンのメタバース上に存在すべきです。 複数のブロックチェーン間で流動性を持たせることで、より多くのクリエイターと購入者、販売者を繋ぎ、エコシステムを拡大します。

- Witek Radomski / Enjin, CTO

Efinityの手数料は、バックグラウンドに留まるように設計されています。エンドユーザーには、ブロックチェーンウォレットも必要ありません。取引は6秒で確認され、メインストリームのアプリケーションに必要な高速応答を可能にします。

Efinityは、あらゆる業界でNFTを活用することを可能にし、現在流動性のないユニークなリアル資産やデジタル資産を数兆ドル規模でアンロックする可能性を秘めています。

Efinityは、次世代の完全分散型ネットワークであるPolkadot上に構築されており、今日のブロックチェーンが直面している最大の問題である、相互運用性、スケーラビリティ、スピード、セキュリティ、プライバシー、拡張性、ガバナンス、を解決します。

NFTは全ての人にオープンであるべきです。Polkadotを用いることで、我々は簡単にスケーラブルなソリューションを構築し、新たなNFTの経済圏へ、誰でも参加できるようにします。常にエンドユーザーを念頭に置き、Efinityは全ての人に、楽しくシンプルで利用しやすい体験を提供します。

- Caleb Applegate / Enjin COO

EfinityをEthereumではなくPolkadotで構築することにした理由は、簡単な図で説明することができます。

https://enjin.slite.com/api/files/1mbalVqn7m/ETH%20vs%20DOT%20(2).png

Ethereum2.0が開始されると、より高速な取引が可能になりますが、それだけです。どのシャードも同じで、現在のEthereumができることをします。

しかし、Polkadotは違います。すべてのシャード(Polkadotの用語では「parachain」)は完全にカスタマイズ可能であり、スケーラブルでカスタムなブロックチェーンを構築するための完璧なプラットフォームとなっているのです。

PolkadotはEthereumに取って代わるものではなく、Ethereumを改善・補完するために作られています。同じように、EfinityはEthereumのNFTだけでなく、あらゆるブロックチェーンのNFTをスーパーチャージするために設計されています。

Efinityは、EthereumのNFTだけでなく、あらゆるブロックチェーンのNFTを強化するように設計されています。Efinityは、EnjinのマルチチェーンNFTエコシステムの中核をなすもので、来週リリース予定のEthereumの永久無料取引を可能にするソリューション、 JumpNetもそれに含まれます。

Efinityは、現在のベンチマークでは1秒間に700~1,000件のトランザクションを処理することができます。EfinityとPolkadotのランタイムコードの最適化により、将来的にトランザクションの速度が向上する可能性があります。

Efinityの開発には、ベンチャーキャピタル、クリプト業界、文化機関などの幅広い関係者が協力しており、新しいトークンである「EFI」も発表されました。

NFTチェーンの資金調達

Efinityの開発支援は、Crypto.com Capital、DFG Group、Hashedが行っています。

Read More

目的に応じた相乗効果:EFIとENJ

私たちは2017年にEthereumブロックチェーン上のERC-20トークンとしてEnjin Coin(ENJ)を作成しました。

現在、ENJはEnjinのエコシステムを支えています。私たちのプラットフォームで発行されたすべてのNFTはENJで裏付けされ、発行されたすべてのトークンは簡単にENJに戻すことができます。 

これにより、NFTに即時の流動性が与えられ、所有者は自分のNFTが常に保証された実世界の価値を持ち、ボタンをタップするだけで引き出すことができるという安心感を得ることができます。

今日、Enjin Coinは何十億もの次世代ブロックチェーン資産の価値を直接裏付けています。

Enjin Coin 2.0:ステイキング

Efinityのローンチには、Enjin Coinの新しいレベルの実用性、ステーキングが導入されます。

EfinityはNFTのために作られたもので、エコシステムの成長を助けるステークホルダーにインセンティブを与えるように設計されています。

Enjin Coinの保有者は、自分のENJをノード(Efinityの用語では "collator")にステークし、Efinityのネイティブ通貨であるEfinity Token (EFI)の形でパッシブインカムを得ることができます。

発行されたNFTに裏付けされたENJは、自動的にステークされ、受動的にEFIを生成します。

ステークされたENJは、所有者のアカウントに存在するため、マーケットプレイスやその他のアプリケーションで使用することができます。譲渡されたり、メルトされたりした場合、ステークされたENJは自動的にアンステークされます。

EFIの総供給量の15%はステーキング運用のために確保されており、トークンの供給量が上限に達するまで数年かけて徐々に分配されます。

また、EfinityはネイティブのDeFi機能を備えており、ステイカーはネットワーク手数料やマーケットプレイスのコミッションから収益を得ることができます。

EFI:Polkadotで初のパラトークンが登場

私たちは、PolkadotとKusamaのエコシステム全体と互換性のある、Paratokenと呼ばれる新しいトークン規格を開発しています。

Efinity Token(EFI)は、史上初のParatokenとなります。

総供給量は20億で、取引手数料の支払い、ガバナンスイベントでの投票、ネットワーク上のファンジブルトークンとノンファンジブルトークンの流動性の維持などに使用されます。

手数料

Efinityの取引手数料は、送金手数料やブリッジ手数料など、取引の種類によって異なります。マーケットプレイスの手数料(約2.5%)はすべてネットワーク上のEFIプールに分配されますが、NFTクリエイターは取引活動から利益を得るために追加の手数料を課すことができます。

ゲーム開発者やグローバルブランドなどのNFTクリエイターは、EFIトークンを自らが管理するFuel Tank(Efinity特有の次世代機能)に預けることで、顧客の取引コストを補助することができます。

ガバナンス

Efinityパラチェーンは、分散型のガバナンスを採用しています。誰もが提案を行うことができ、EFI保有者は提案や投票する機会を持つことができます。

ガバナンスの提案にはいくつかの形式があります:

  • 特権的な機能: 取引手数料やマーケットプレイス手数料などの機能を変更することができます。
  • コードアップデート:Efinity のコードの一部または全体をアップデートするものです。

流動性

Efinityは、Efinity Swapと呼ばれる自動化されたマーケットメイカーにより、無限の流動性を持ち、ユーザーはENJやETHなどのトークンやコインとEFIをその場で交換することができます。

また、Efinityは、NFTに流動性を提供する人に報酬を与える、世界初のトラストレス・トークン・マーケットプレイスとなります。

これにより、ユーザーは、NFTが売りに出されているかどうか、あるいはネットワーク上に存在するかどうかに関わらず、NFTに入札するだけで、パッシブインカムを得ることができます。

すべての人にオープンなNFT

私たちは、単により良いブロックチェーンを作ろうとしているわけではありませんし、NFTソフトウェアを少しずつ改善しようとしているわけでもありません。

私たちは、NFTとは何か、何ができるのか、そして、個人や企業がどのようにNFTを作成し、利用できるのかを、根本的に再定義したいと考えています。

Efinityには、無数の新機能を実現するために設計された個別のアカウント や、クリエイティブな可能性を広げるために作られたオンチェーンのクラフトレシピなど、先見性のある新機能が満載です。

Efinityについてさらに詳しく知りたい方は、ホワイトペーパーをご覧ください。  

私たちは、世界中に広がる先進的なデジタル資産経済の到来を加速させるという目的を持って、NFTのための画期的なブロックチェーンを構築しています。

Efinityは、私たちが2017年にNFTを開拓して以来、何年にもわたって結晶化してきた技術的・思想的進化の最終結果です。これは、次世代のブロックチェーンであると同時に、デジタル世界が自由で、分散化され、オープンで、誰もがどこからでもアクセスできる未来的アイデア、ムーブメント、ビジョンでもあります。

- Maxim Blagov / Enjin CEO

Enjinはゲームとともに成長し、「Age of Rust」や「Lost Relics」、「The Six Dragons」などの先進的なゲーム開発者によって夢見られた、仮想世界の数を増やしてきました。

長年にわたり、Binance、Swissborg、CoinMarketCapなどのクリプト企業や、Microsoft、Samsung、BMWなどの企業とのプロジェクトをサポートするため、私たちの目標は拡大しています。

私たちは、EfinityやJumpNet、NFT.ioなどの新しい製品に取り組むだけでなく、Enjin Walletのような主力製品のアップデートを続けるなど、多忙な日々を送っています。私たちのエコシステムの柱を構築し、改善しながら、スポーツやエンターテイメント、インフルエンサーや世界的なブランドなど、新しい産業や市場へのサービス展開を広げています。

Enjinは急速に成長しており、開発、マーケティング、製品、事業開発の各チームで様々なポジションを募集しています。

私たちは、ブロックチェーン領域で最も強固なNFTエコシステムを構築するグローバルチームであり、より良い分散型の未来を創造するというミッションに参加してくれる情熱的な人材を求めています。

私たちのチームに参加しませんか?募集中のポジションはこちら をご覧ください。

本日の発表は、Enjinのすべてのチームが関わった大規模な取り組みでした。何千時間にも及ぶ会話、ブレーンストーミング、そして次世代ブロックチェーンの構築を支援してくれる企業との数え切れないほどのミーティングの結果です。  

Efinityを創り上げる旅は、NFTへの固定観念に挑戦し、問題点を指摘し、それらをより良くするための試行錯誤の連続でした。

しかし、これは始まりに過ぎません。

EfinityとEnjinのエコシステムを構築していくにあたり、私たちは皆さんの声も参考にしています。Telegram Discordでご意見を聞かせてください。

みなさんとともに、私たちの旅は続きます。Enjinの次の展開にご期待ください。

Efinity ホワイトペーパー

NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら

Read Whitepaper

Efinity ホワイトペーパー

NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら

Thank you! Please check your email.
Error

You might also enjoy