Efinity ホワイトペーパー
NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら
Efinity ホワイトペーパー
NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら
Thank you! Please check your email.
Error

Enjin Coin:EFI の磁石

Efinityは、Enjin Coin (ENJ)の実用性を高めるために、発行に対するインセンティブを与え、ステーキングの報酬を提供します。

イノベーションは、ユーザーに価値をもたらします。

Enjinは、一般的な”価値”に対する固定観念を打破すべく、Efinityを構築しています。

デジタルの価値がもたらす新しい世界には、新しいインターネットが必要です。

Efinity:価値のインターネット

Efinity Token(EFI)は、非常に画期的な仮想通貨です。Enjin Coin(ENJ)の保有者は、ENJのステーキングやアセットの発行により、EFIを獲得できます。


EFIは、Efinityネットワークでの取引手数料の支払いに使用されるため、その実用性はEthereumのETHに匹敵します。 

ただしETHとは、下記の点で異なります:

  • EFIの供給量は20億に固定
  • EFIにはガバナンス機能があり、ハードフォークを起こさずにEfinityネットワークを簡単にアップグレード可能
  • EFIにはトレジャリー機能があり、Efinityコミュニティがネットワーク上のイノベーションを指揮
  • EFIの取引手数料を、発行者ではなくEnjin Coinのステイカーへ支払い

EFIはEfinityの通貨として、すべてのブロックチェーンをつなぐ架け橋となります。

ユーザーはEfinityを介して、所有している仮想通貨やNFTを、あるチェーンから別のチェーンに移動させられます。

Efinityのブリッジは、オープンソースのSnowforkをベースにしているため、誰でもこのコードを使って任意のネットワークにブリッジを構築できます。Efinityコミュニティは、EFIのガバナンスモデルによって提供されるトークンを通して、ブリッジの開発者に報酬を与えられます。

そのためには、構築されるネットワークが以下の基準を満たす必要があります:

  • 仮想通貨に対応
  • NFTに対応
  • DeFiのスマートコントラクトに対応
  • 適切な手数料であること
  • オープンで分散化されていること

Efinityは、これらに加えて、下記の機能を備えています。

  • EFIガバナンスによる恒久的なアップグレードが可能
  • EFIのトレジャリー機能を用いた自律的な開発
  • Efinity Swapを介した仮想通貨の永続的な流動性
  • マーケットプレイスでの価格発見メカニズムを通した、NFTの永久的な流動性
  • Snowforkブリッジ経由でのクロスチェーンの相互運用性
  • Discrete AccountsとFuel Tanksを介した新規ユーザーの獲得

ENJは、EFIのマスターキーのような役割を果たします。

Enjin Coin:究極のファウンダートークン

ファウンダートークンとは、初期のエコシステム参加者が所持する、仮想通貨のことを指します。そしてEfinityにはEnjin Coinが必要不可欠であるため、Enjin CoinはEfinityのファウンダートークンであると言えます。

現在の流通量や取得コストを考えると、ENJマーケットへの新規参入者が先行者の保有資産を上回ることはますます難しくなっています。ENJの上位保有者は、Efinityのネットワークに初期段階から貢献出来るプレイヤー(Efinityファウンダー)であるとも言えます。

Efinityをスタートさせ、繁栄するネットワークにするために、Crypto.com Capital、Hashed、DFG Group、Blockchain.com Ventures、BlockTowerといった業界をリードする企業の支援を受けて、EFI供給量の15%相当を用いたプライベートセールを実施しました。

一方ENJ保有者とNFTクリエーターは、Efinityの運営において根幹となる役割を果たします。

ENJは、Efinityネットワークで発行されたトークンに使用されます。このENJはネットワーク上に自動的にステーキングされ、発行者はEFIトークンを受け取れます。

金は通貨の価値裏付けに使用されていましたが、半世紀前にこの仕組みは無くなりました。

ENJは金とは異なり、総供給量は固定されており、また仮想通貨やNFTが発行されるに従い、循環供給量が減少します。

長期的な視点で見ると、金もインフレします。太陽系やその先にある小惑星や惑星はおろか、130億兆トンの地球の質量からどれだけの金が採掘されるかは想像に難くありません。将来のことを考えると、ひ孫の代まで金を残したいと考える技術者は、ほとんどいないと言っていいでしょう。

このことからも、Enjin Coinははるかに優れた価値の貯蔵手段であると言えます。

Efinityファウンダーにとっての価値

Enjin Coinは、単なる価値の貯蔵手段ではありません。

EFIのトークノミクス(トークンエコノミー)は、ENJをネットワークにステークすることを可能にします。これにより、Efinityファウンダーに、利益をもたらします。

Efinityのユーザーは、取引手数料、マーケットプレイスの手数料、ブリッジング通行料、スマートコントラクトの料金を、EFIでネットワークに支払います。その後そのEFIは、自動的にENJのステーカーに配られます。

言い換えると、Efinityのファウンダーに永続的な収入をもたらします。

より多くのユーザーが、仮想通貨やNFTを、Efinityを通して別のブロックチェーンへ移動させるようになれば、EFIの需要は高まります。

一方EFIの供給は、ネットワーク運営者によってロックアップされるように設計されています。

この分散型のガバナンスモデルは非常に重要です。コミュニティの知恵を借り、ネットワークの活動や開発に報酬を与えることで、ネットワークを最適化します。

これにより、EFIを継続的に受取れる、ENJのステーカーには計り知れない価値がもたらされ、同時に同トークンは、ブロックチェーンコミュニティにとって、より重要なものになります。

EFIは、取引手数料の支払い手段だけでなく、Efinityの初期段階に貢献した人が、絶え間なく報酬を得られるように作られました。

我々はすでにEFI供給量の15%(3億トークン)をENJのステークに報いるために確保しており、これは5年間にわたって分配されます。

時間が経てば、Efinityは世界に計り知れない価値を提供します。そしてその構築に貢献すればするほど、より面白いことが起こるのです。

Efinity ホワイトペーパー

NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら

Read Whitepaper

Efinity ホワイトペーパー

NFTのために作られた、次世代型ブロックチェーンの詳細はこちら

Thank you! Please check your email.
Error
一致する情報は見つかりませんでした。

You might also enjoy