クリエイティブになろう
JumpNet上で独自のNFTをガス代無料で発行しよう
クリエイティブになろう
JumpNet上で独自のNFTをガス代無料で発行しよう
Thank you! Please check your email.
Error

NFTがクリエイティブ業界を活性化する理由

NFTは、世界中の人々やコミュニティに交流の機会をもたらし、クリエイティブ領域に新たなエネルギーを吹き込んでいます。

NFT(ノンファンジブルトークン)は、クリエイター・エコノミーに新たな販路をもたらします。

ブランドを確立しながら世界中の人々にアクセスできるというチャンスに、多くのクリエイターが参加し、収益を得ています。

NFTは、クリエイターが自分のコミュニティやファンと、より有意義な関係を築くことを可能にしますが、そこで重要となるのはNFTを支える技術です。これにより、仲介者を挟まずに、ダイレクトに作品を認証し、流通させることができるのです。

ブロックチェーン技術により、クリエイターは自分の作品をNFTという形で簡単に発行して著作権を取得し、オープンなマーケットプレイスに出品することができます。この取引は変更することができません。つまり、時間が経てばトークンの価値が上がり、希少性が増して、クリエイティブな作品への需要が高まる可能性があるのです。

NFTは、再販市場を活性化しており、クリエイターにとっては、作品が再販されればいつでも自分のアセットから収入を得ることができる絶好の機会となっています。

創造的な所有権の新しい時代がやってきたのです。

今年の初めにNFTに使われた金額は20億ドル以上で、2020年第4四半期から2000%以上の増加となっています。

世界はNFTに夢中になっており、この技術はアーティストに公正な報酬をもたらします。

私たちは新たなデジタル・クリエイター・エコノミーの中心にいますが、それは2000年代初頭の革命を革新的に見直したものです。21世紀に入り、Web 2.0が普及すると、YoutubeやPatreonなどのクリエイター向けプラットフォームが登場しました。  

今、私たちは、Web 3.0やブロックチェーンといった最新技術を駆使して、NFTを先駆けて実現するクリエイター・エコノミーの次なる進化を目の当たりにしているのです。

順番に見ていきましょう。

クリエイター・エコノミーとは?

YouTubeで最初に話題になった動画を覚えていますか?「SHOES」や「David After Dentist」、またNFTがまだ存在していなかった2011年には、「Nyan Cat」がYouTubeで人気を博しました。これらの動画には、コンテンツの配信方法を永遠に変えてしまうほどのインパクトがありました。

2000年代に起こったクリエイターブームに乗って、YouTubeは「パートナープログラム」を立ち上げ、ユーザーを集めました。良質なコンテンツをアップロードし、YouTubeの広告収入で報酬を得ようというもので、これは非常に画期的でした。

クリエイターのためのプラットフォームが登場するのに、それほど時間はかかりませんでした。Patreonは、より個人的なコミュニティ参加モデルを導入しました。クリエイターは自分のコンテンツをコントロールしながら生活費を稼ぎ、ファンを魅了することができるようになったのです。同様に、Kickstarterは、様々な分野のクリエイターが夢を実現するための資金を調達する方法を確立しました。

もし誰かが、アーティストやゲーム会社の発表を何週間も何ヶ月も待つことなく、スマートフォンで好きなミュージックビデオを見たり、人気のゲームをプレイしたりできると言っていたとしたら。これこそが、現代におけるクリエイターの復活劇の第一弾なのです。

NFTブーム

NFTが現代のクリエイターに与える影響は、その舞台裏を知ることでより理解しやすくなります。

広い意味で言えば、NFTは、ユニークなデジタルアイテムをブロックチェーンネットワークに保存する方法です。例えば、あなたが最初のデジタルアートコレクションからNFTを発行して販売したとしましょう。あなたのNFTが再販されるたびに、あなたは永遠にロイヤリティを受け取ることができます。

ブロックチェーン技術により、自分の作品をより多くの人と共有することがこれまで以上に容易になりました。NFTがブロックチェーンで成功しているのは、ブロックチェーンの性質上、包括的で透明性が高く、完全に分散化されているからです。

これは、クリエイターが中間業者を介さずに、芸術的なビジョンを完全にコントロールしながら、サポーターやファンにコンテンツを自由に公開できることを意味しています。

また、ブロックチェーンでの取引は改ざんができないため、オリジナル作品を誤魔化すことができません。

今年、NFTは人気を博しており、多くのデジタルグッズが数百万ドル、数千万ドルで取引されています。

多くのクリエイターが、ファンとのつながりを深めるために、ユニークなNFTを発行し、収入を得ているのも不思議ではありません。

デジタルアートの真価を問う

ブロックチェーン技術により、デジタルアイテムはこれまで以上に現実世界の価値を持つようになりました。

続きを読む

クリエイターのためのNFT:新たな希望

クリエイターは、ブランドを収益化し、以前であれば一握りの有名アーティストだけが享受できた方法で、視聴者とつながることができる素晴らしい機会を与えられています。ポルトガル・ザ・マン (Portugal. The Man)は、Rolling Stone誌の最近のインタビュー(暗号資産が新しいロックンロールである理由)で、次のように話してしています。

「私たちは、ファンのために存在し、ファンによって管理され、バンドがサポートするコミュニティを構築するユニークな機会を得ました。」

2008年、音楽業界はかつてないほどの大不況に見舞われ、Napsterのような音楽著作権保護のためのMP3プラットフォームが登場しました。アーティストは大損をしたと言っても過言ではありません。多くの意味で、音楽業界はいまだに違法ダウンロードから立ち直っていません。

次に登場したのは、Spotify、iTunes、YouTubeといった巨大プラットフォームです。これらは、簡単にアクセスできるという利便性をファンにもたらしましたが、希少性や創造性の価値を奪ってしまいました。

これらのプラットフォームは、"私たちに参加すれば、二度と騙されることはない"というキャンペーンでミュージシャンを誘いましたが、結局は期待外れに終わりました。またしても、平均的なミュージシャンは無一文になってしまったのです。

今日のクリエイター・エコノミーはどうでしょう。NFTは、デジタルの世界に希少性という概念を再導入し、クリエイターが支援者から収益を得るための新たな方法を提供しています。トークン化できるアセットは、ゲーム、音楽、写真、アートなど、思いつくものすべてに当てはまります。

そしてここから、すべてのコンテンツチャネルのクリエイターは、NFTを軸にして、デジタルファンクラブを拡大していくことができます。

限定発売やサイン入りアートワーク、ライブのバーチャル体験など、これはまだ始まったばかりに過ぎません。クリエイターの中には、自分の書いた本の一部をトークン化している人もいます。また、タロットカードや料理のレシピ、さらにはコンセプトカーやエキゾチックなコレクターズカーの貴重なイラストをトークン化しているクリエイターもいます。

NFTは急速に進化しており、意識の高いクリエイターは環境に優しい新しいブロックチェーンネットワークで、この技術を活用することもできます。

2020年は私たちの多く、特に文化系の従事者にとって、最も壊滅的な年の一つとなったでしょう。多くの人が突然仕事を失いましたが、明るい兆しが見えたのは、物事の大きな流れの中で、創造性が発明の母となったことです。

ブロックチェーン導入が広がり、「DeFi」や「NFT」の認知度が高まることによって、デジタルアセット取引の未来がかつてないほど有望視されるようになりました。

NFTをはじめとする新しいクリエイター・エコノミーの到来です。

ヨーダは映画の中でこう言っています。「覚えたことを全て忘れるのじゃ。(You must unlearn what you have learned)」と。

クリエイティブになろう

JumpNet上で独自のNFTをガス代無料で発行しよう

始める

クリエイティブになろう

JumpNet上で独自のNFTをガス代無料で発行しよう

Thank you! Please check your email.
Error
一致する情報は見つかりませんでした。

You might also enjoy

一致する情報は見つかりませんでした。