Powered by Enjinへ戻る

Go! By Health Hero

ウェルビーイングNFTでワンランク上の健康を目指そう!
Play Now

Health Heroのミッションは非常にシンプルです。それは、「10億人以上の人々に健康と幸せを届ける」こと。

デジタルヘルス・エンゲージメントを次のレベルに引き上げるために、同社はNFTを活用したウェルネスプログラム「Go! By Health Hero」を開発し、W-NFT(Well-Being NFT)と呼ばれる新タイプのNFT(ノンファンジブルトークン)を導入しました。

W-NFTは、Apple Health、Google Fit、FitBit、Wyze Band、Garminなどのトラッキングデバイスやアプリからデータを収集し、ユーザーのアクティビティとマイルストーンに応じてダイナミックに進化していき、ユーザーのモチベーションを高めます。

W-NFTは、個々のユーザーの健康状態や活動の特徴を反映して生成されます。アクティビティが記録されることにより、対応するW-NFTは新たな特徴や機能を獲得し、よりユニークで希少性の高いものになっていきます。

「ウェルビーイングとアクティビティデータを使用して、健康への取り組みを推進し、それをブロックチェーンに配置する新しいレイヤーを構築しています。これにより、ユーザーのためにより安全で個人的なデータを取得することができます。」

- Anthony Diaz / Health Hero CEO 兼 創業者

この遊び心のあるゲーム化されたトークンは、Health Heroの「Global Challenges」で展開されます。「Global Challenges」は、コンペティションやリーダーボードを通じて、ユーザーに継続的な活動を促すグローバルなウェルネスコミュニティです。

ユーザーがログインすると、シンプルなダッシュボードが表示されます。ユーザーは、数回クリックするだけで、毎日の活動記録を作成して記録することができ、健康的なライフスタイルと社会的交流を楽しみながら、意欲的で協力的なコミュニティに参加することができます。

Health Heroは、ブロックチェーンコミュニティへのリーチを拡大するために、Telegramを入口として、ユーザーがカスタムトークンを作成できる「Global Challenges」にW-NFTを導入しました。

Health HeroのBotがユーザーを受け入れると、最初のW-NFTが作成され、ユーザーの活動が活発になるにつれて進化していきます。ユーザーは、自分の資産に希少性を持たせることができ、それをオープンマーケットで取引することもできます。

「W-NFTは、ユーザーとそのウェルビーイングによって成り立つデジタルアセットの新モデルとなるでしょう。」

シンプルでゲーム性のあるデジタル体験を核とするEnjinのエコシステムは、「Go!By Health Hero」プログラムをシームレスに補完します。Health Heroは、取引手数料となるガス代の負担なしに誰もが楽しめる、アップグレード可能な新しいNFTのコンセプトを実現します。

Health Heroは、全世界で38,000社の企業に利用されており、その多くはFortune 2000のメンバーでもあります。パートナー企業が従業員の健康をより簡単にサポートできるように、Health HeroはMicrosoft、Slack、Salesforceと積極的にパートナーシップを結んでいます。そのウェルネスツールは、Facebook、WhatsApp、WeChat、Telegramにも対応しています。

現代のヘルス・エンゲージメントのリーダーとして、Health Heroはウェルネスに新しい風を吹き込み、成長を続けるブロックチェーンのコミュニティを含む、多様なコミュニティにやりがいのある体験をもたらしています。

フィットネスバイクや瞑想にチャレンジし、プログラムに参加しましょう。W-NFTはあなたの新しいウェルネスパートナーです。

最新ニュース

Go! By Health Hero
の最新情報を掲載しています。

ゲーム開発の新境地を
体験してみませんか?

ブロックチェーンのコードを書かずに、分散型ゲームを開発できます。

Enjin for Enterprise

当社のブロックチェーン・エコシステムとカスタマイズ可能なソリューションが、次世代のデジタル体験の創出にどのように役立つかをご覧ください。